こんにちは。


昨日の記事では春の陽気だと書いたばかりなのに、本日はまた冬の寒さがエディンバラに舞い戻って来ました。


DSC08508


天気予報アプリによると、現在の体感気温はマイナス3度だそうです... 


もう3月も終わるというのにエディンバラはやっぱり寒いです。


という訳で今日は、寒いエディンバラにいながら、せめて気分だけでも南ヨーロッパを味わおうと、ポルトガル • カフェでポルトガルの伝統スイーツ、パステル・デ・ナタを買って、外で食べることにしました。


ちなみにパステル・デ・ナタと言うのは、エッグタルトのことで、パイ生地の土台にカスタードクリームをのせてオーブンで焼くだけのシンプルなスイーツです。


DSC00949 (1)


ポルトガルのリスボンに住んでいた時は、ほぼ毎日のように食べていました。


ポルトガル • カフェに向かう道のりでは沢山の花が咲いていて、見た目だけはエディンバラも春のようですが、マジで寒いです...


DSC08515


DSC08516


DSC08519


DSC08521


DSC08525


DSC08524


DSC08534


そしてポルトガル • カフェがあるリースウォーク (Leith Walk) という商店街に到着です。


ロックダウン中なので、リースウォークはシャッター通りのようです... 


DSC08535


ロックダウンが緩和されて店が開けられるまで、残すところ4週間を切っているので、個人商店の経営者さんたちにはあと少し頑張ってもらいたいです。


途中に美しい教会があります。


DSC08539


青のドアがなんとも素敵です。


DSC08540


何故かアザラシもいます...


DSC08541


そして今日の目的地のポルトガル • カフェ、カサ • アミーガ (Casa Amiga) に着きました。



DSC08544


中に入って、アバタナード (Abatanado) というポルトガルでポピュラーな薄めのコーヒーと、パステル・デ・ナタを買います。


店員さんたちもとてもフレンドリーで、日本の桜の話で盛り上がりました。


パステル・デ・ナタや、


20210331_155100


パン系の食べ物がショーケースに並べられています。


20210331_155108


店内では、ポルトガルの食品も売られています。


20210127_153935


コーヒーとパステル・デ・ナタを受け取って店を出るときに、店員さんが日本語で「ありがとう」と言って見送ってくださいました。


ちなみにアバタナードが2ポンド (約300円) でパステル・デ・ナタは1.7ポンド (約260円) です。


そしてカフェ近くの「Pilrig Park」という公園のベンチに座って、ポルトガルのコーヒーとパステル・デ・ナタで南ヨーロッパ気分を味わおうと思ったのですが.... 


20210331_155923


顔に冷たいものがかかり始めました....


そう、雨です...


雨宿りできそうな場所はどこにも無いので、

「南ヨーロッパにも雨は降る。」

と自分に言い聞かせ、雨に濡れながらパステル・デ・ナタとコーヒーを楽しむことに... 


20210331_160203


幸いなことに小雨だったので、びしょ濡れにはならずに済みました。


ここのパステル・デ・ナタは、外のパイ生地はサクッとしていて、カスタードクリームも適度な甘さで、ポルトガルで食べるものと同じ味で美味しいです。


20210331_160238


寒いし濡れるし、南ヨーロッパの気分というよりは、まさに「ザ • エディンバラ」という気分でしたが、口の中だけは本格的なポルトガルを味わえたので良しとします。


通常ならカサ • アミーガの店内でお茶をすることが出来るので、


DSC07865 (2)


次に南ヨーロッパ気分が味わいたくなった時は、ロックダウン後にこのカフェに戻ってきたいと思います。


エディンバラ観光中にリースウォークに行くことがあればオススメのカフェです。


今日も最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。

ブログを続けるモチベーションを高めるためにブログのランキングに参加しています。

下の [イギリス情報] というバナーをクリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いします。

それではまた次のブログで。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村