こんにちは。


今日はいつもと少し趣向を変えて、エディンバラも含む自分が過去に住んだヨーロッパの街に関する記事となります。


タイトルにある「ヨーロッパの美しいアレ」の「アレ」ってなんだろう、と思われてこの記事をクリックされた方もいらっしゃると思いますので、最初に答えを言ってしまいますね。


アレというのは、


DSC01648


ドアです。


ヨーロッパには、美しい建物が多いんですが、建物と同じくらい美しいドアも多いで
す。


住人たちが何十年間も毎日ドアを通って家の出入りをしているので、ストーリーを感じさせてくれるドアをよく見ます。


DSC09483


写真を撮り始めたポルトガルのリスボンや、その後引っ越したマルタ、エディンバラで美しいドアを見つける度に、


「このドアにはどんなストーリーがあるんだろう? 」


と思いながら、写真を撮ってきました。


20210203_155638


もちろんドア単体で美しいものもありますし、ドアとドア周りの飾りとのコンビネーションが素敵だったり、偶然ドアの前に動物がいて美しい瞬間があったりなど、ドアの美しさにも色々あります。


自分と同じ様に、ドア好きな方は結構いらっしゃるようで、美しいドアの写真をインスタで上げると、何千人もの方々が「いいね」を押してくださる時もあります。


という訳で今回は、リスボン、マルタ、エディンバラで撮った、美しいドアの写真をお見せしたいと思います。


皆さんがドアの写真を見て、ご自身で思い浮かべるストーリーを壊したくないので、解説は極力控えますね。


それではまずはリスボンから。


20210214_130642


20210214_130512


20210214_130744



DSC00214


20210214_132256


20210214_132423


基本的にポルトガルのドアは素朴で、年季が入っているのを感じさせてくれるものが多いです。


上の写真からお分かりでしょうが、自分は猫とドアのコラボが大好きです。


お次はマルタ。


マルタにはカラフルでユニークなドアが多いです。


DSC02787


DSC04707


DSC03201


DSC04160


DSC04966


DSC04147


自分がマルタで見たドアの中で一番好きなのはこちら。


DSC06053


「静寂の街」と言われる、マルタの旧首都メディーナにある建物のドアなのですが、色といい咲き誇るブーゲンビリアとの相性といい、ため息が出るほど美しいです。


そして最後はエディンバラ。


エディンバラには色味の少ない建物が多いのですが、おしゃれでカラフルなドアが多いです。


DSC07801


20200708_172129


DSC03735


DSC03742


DSC03723


DSC03712


DSC03717

DSC03748


エディンバラは寒いのでカラフルなドアを見ると少しだけ暖まるような気がします。


以上、リスボン、マルタ、そしてエディンバラで見つけた美しいドアたちをお見せしましたが、いかがでしたか?


美しいドアの家に住めたら、毎日家に帰るのが楽しくなりそうだと思いませんか?


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。


ブログを書き続けるために、ブログのランキングに参加して励みにしています。下の [イギリス情報] をクリックしていただけるとやる気が出ます。よろしくお願いします。


それではまた次のブログで。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村